WESTON VINTAGE下取り査定がスタート

ジェイエムウエストンから始まる<WESTON VINTAGE(ウエストン・ヴィンテージ)>がキックオフ。メゾンが大事に育てたシューズへの誇りと、サステイナブルな姿勢を体現するプロジェクトとして、いよいよ2020年5月30日(土)より青山店および心斎橋店にて、2020年6月1日(月)より丸の内店にて開始します。
お客さまよりお預かりするシューズは、リモージュの工場で職人たちの手作業によって修理され、メゾン伝統の技術とWESTON VINTAGEプログラムによって、次の世代の足跡に生まれ変わります。

ジェイエムウエストンの歴史と切り離すことのできない<#180 Signature loafer>は15,000円相当、そしてメゾンを代表するモデル<Golf Derby 641>は20,000円相当のお買い物バウチャーとお引替えなど、モデルによってさまざまなメニューをご用意。

WESTON VINTAGE 受付店舗(東京:青山店・丸の内店 大阪:心斎橋店)では、正式な査定前のご相談も受け付けています。

思い出ある歩みを次の世代へ繋ぐ、サステイナブルなプロジェクトに是非ご参加ください。

※下取りプログラムは、ガイドラインに沿った査定基準を設けておりご希望に沿いかねる場合がございます。予めご了承ください。

※本プログラムに関するお問い合わせは<info@jmweston.jp>までご連絡ください。