プロジェクト『Ready to start work』

ジェイエムウエストンはWeston Vintage(ウエストン・ヴィンテージ)のサステナブルな取り組みに続き、写真家やその作品がより適正な方法で評価を受け、自由にクリエーションができるようサポートするプロジェクト『Ready to start work(レディ・トゥ・スタート・ワーク)』を立ち上げました。

 

 

現代において写真家の作品が浪費され、彼らの才能が制限されることを目の当たりにします。『Ready to start work』は、写真家とその作品に敬意を払うことを目的に、メゾンのキャンペーンビジュアルからソーシャルメディアで使用されるビジュアルまで、幅広い舞台において完全なる自由を与え、メゾンのイメージを自由にデザインする機会を与えます。

 

記念すべき1人目の写真家は、フランス・ルーアン出身のグレゴワール・アレクサンドル。

彼のポエティックで繊細な作品をお楽しみください。

 

 

 

About Grégoire Alexandre

(グレゴワール・アレクサンドル)

パリを中心に活躍する写真家。1972年、フランス・ルーアンに生まれる。大学で映画を学んだのち、アルルにある国立写真学校へと進み1995年に卒業。

 

Exhibitions / Publications

 

Fashion and Photography Festival, Hyères, 2003. Selection for the Prix du Jeu de Paume, 2007.

“Was it a car or a cat I saw”, Rencontres d’Arles 2008, curated by Christian Lacroix.

“Fashion in the mirror”, Photographers’ Gallery, London, 2008, curated by Michel Mallard and Raphaëlle Stopin.

“Prix HSBC pour la Photographie”, Paris, Lille, Metz and Marseille, 2009.

“Work in progress”, Oulu, Finland, 2010.

“Histoires parallèles”, Villa Noailles, 2011.

“Uchronies”, Rencontres d’Arles, 2012.

“Une école française”, Beijing, 2013.

“Mannequin — Le corps de la mode”, group exhibition, Galliera Museum, 2013. Galerie du Château d’Eau, Toulouse,

Planche(s) Contact, Deauville, 2013.

“L’Arlésienne”, group exhibition, Arles 2014, curated by Christian Lacroix.

“Lumières”, group exhibition, Cognacq-Jay Museum, Paris, 2014, curated by Christian Lacroix.

“French protocole”, French Institute Alliance française, New York, 2015, curated by François Hébel.

“Poses & Play”, group exhibition,La Brasserie Art Centre in Foncquevillers, 2015, curated by Véronique Damagnez.

“Orange bleue sur fond blanc”,Centre photographique de Normandie/Le 180,Rouen, 2015/2016, curated by Raphaëlle Stopin. >°Gu∑, in collaboration with Christophe Brunnquell, published by The Drawer, 2020. solo exhibition, 2013.