『Chaussoeuvres』エキシビションを開催

J.M. WESTON 青山店・心斎橋店では、4 月22 日(金) からメゾンのノウハウに焦点を当てた作品展「Chaussoeuvres」を開催致します。

タイトルの “Chaussoeuvres” は、フランス語で靴を意味する “chausseur” と作品を意味する“oeuvre” を組み合わせたユニークな造語。

 

オリヴィエ・サイヤールのアイデアを職人たちがリモージュの自社工場で形にした「ショスーブル」や、靴製造の様々な工程に関わる書類を通してメゾンが誇るクラフツマンシップの足跡を辿ります。

本展では、ローファーやダービーシューズ、ブーツなどのアイコンシューズを基に、技術と芸術を融合させ、職人達の唯一無二の技術を讃えた11の特別なオブジェをご覧いただくことができます。

 

そのうちのいくつかの技術はメゾンの起源まで遡ることができ100年以上もの間職人の手から手へと受け継がれてきたものです。縫製、釣り込み、底付け、アッパーの成形やノルヴィージャンなどシューズの製造に欠かすこのできない意匠が、シューズ一つ一つに刻み込まれています。

 

#677

#173

 

【会場】

青山店 / 心斎橋店

 

【会期】

第1部 4月22日(金)~ 5月17日(火)

第2部 5月20日(金)~ 6月13日(月)

 

2部構成開催につき、第1部・第2部で展示内容の切り替わりがございます。

 

会期中の土日祝日には、シャンパーニュや特別なカクテルのドリンクサービスも行います。

 

ぜひこの機会にメゾンの受け継がれたノウハウをご覧に足をお運びください。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

※アルコール飲料の提供がございます。お車でのご来場はお控えください。