History & Style

歴史とスタイル

1891

リモージュに靴工場を設立

ジェイエムウエストンの物語は、19世紀の終わり、革なめしと革加工の歴史深いフランス、リモージュ地方に始まります。1891年、エドゥアール・ブランシャールは男性・女性用靴の工場をここに設立しました。間もなく、アメリカで用いられていた近代的な靴の製法に注目していた息子のユージェーヌが加わりました。

1904

新しい世紀の始まり:リモージュからウエストンまでの発見

エドゥアールの息子ユージェーヌがマサチューセッツ州ボストン 近郊のウエストンでグッドイヤー製法を学びに渡米します。

1922

ブランド誕生:1920~1930年代のパリ

パリの競馬場で、ユージェーヌ・ブランシャールとヴィアール氏は運命的な出会いを果たします。パリとリモージュ、控えめな企業家と社交場を愛するダンディな紳士との間で、2つの文化が交わりました。両者の結びつきは、ブランドとしてのあり方、技術、そしてパリのエスプリを生み出しブランドの礎となります。 ユージェーヌ・ブランシャールとヴィアール氏はジェイエムウエストンの名を商標登録し、クルセル大通りにパリ1号店をオープンしました。

1932

パリのシャンゼリゼ通り114番地に2号店をオープン

シャンゼリゼ通りのブティックに訪れた顧客たちは、メゾンの象徴ともいえるゴルフやハントダービーのようなエレガントでありながらも活動的なモデルを積極的に取り入れていました。

1946

定番 ローファー180 誕生

世代を超えて愛され続けてきたローファー180はやがてフレンチエレガンスのアイコンとなります。他にはない独自のシルエットはスタイルや時代に捕らわれない履きこなしを可能にし、個性を表現する自由を与えました。

1949

J.M. WESTON シグニチャーローファー#180の第一歩

1946年に誕生したこのローファーは独自のシルエットで一世を風靡。1949年に最初の広告を「Adam誌」に掲載し大きな反響を呼びました。以来スタイルや時代に捕らわれないフレンチトラッドのアイコンとして世界規模展開するようになってきます。

1962

ローファー:歩く伝説

シャンゼリゼ大通りのドラッグストアにたむろする「Bande du Drugstoreドラッグストアのギャング」と呼ばれる若者達はこぞってジェイエムウエストンのローファーを履いていました。父親の靴をジーンズに合わせて素足で履くスタイルは、彼らの既存の秩序に対する反抗を表現していました。やがてこのスタイルは伝説となりローファーは彼らのマストアイテムとなります。

1974

国際的に絶賛された技術

ジェイエムウエストンはデスクール家の傘下に入り、新たな発展を成し遂げ、ブティックは全国に次々と広がっていきました。

1981

タナリーバスタン

ジェイエムウエストンは、リモージュにほど近い、サン・レオナール・ドゥ・ノブラにあるタナリーバスタンを引き取ります。

1986

アメリカンドリーム

ユージェーヌ・ブランシャールもゆかりのあるアメリカ、ニューヨークにジェイエムウエストン初となる海外ブティックをオープンしました。

1988

グローバルに展開

ジュネーブにブティックをオープン。その後1993年には東京、2004年には香港へと進出し、現在は世界中に51店舗を展開しています。

1994

ジェイエムウエストンの輪

ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャックはローファー180を自身の色で表現しました。彼は、メゾンが招待した初めてのゲストとなります。 その後メゾンキツネ、ディディエ・ヴァン・コーヴラール、アンドレ、セドリック・クラピッシュ、チャーリー ケイスリー・ヘイフォードと続きます。

2001

ミッシェル・ペリーがア ーティスティック・ディレクターに

画家になることを夢見た子供は、やがて靴職人になりました。家族の伝統から自由になりたいという思いを抱えていながらも、最終的に自身のルーツに戻ってきたのです。シューズデザイナーとして、ヒールの美しさや魅力を繊細に組み合わせて女性たちの心をつかんできたミッシェル・ペリー。伝統的なシューズメーカーのノウハウを心から愛する彼は、伝統を見直し、今日のデザインに融合させることでメゾンに革新をもたらします。ジェイエムウエストンではスタイルと職人技が切り離せないことは言うまでもありません。

2008

ジェイエムウエストンの職人とアーティストのコラボレーション≪ユムール≫

フランク・ゲーリー、マルタン・ゼケリ、マーティン・パーなどの名だたるアーティストがこのプロジェクトのために集いました。

2011

ジェイエムウエストン財団設立

メゾンの120周年を記念して、オーナーのクリストファー・デスクールは職人たちの技とノウハウの維持と継承を目的とする ジェイエムウエストン財団を設立しました。職人養成機関「コンパニョン・デュ・ドゥヴォワール」と、その職人養成プラグラム「ツール・ド・フランス」にも参加しています。

2012

レザーグッズ

ジェイエムウエストンの靴の建築的側面から着想を得て創られたミッシェル・ペリーによるレザーグッズコレクション「グランタングル」を発表しました。

2014

サントノレ店オープン

リモージュのアトリエの創造性やノウハウを感じることができる特別なブティック、サントノレ店をパリの新たなアドレスとしてオープンしました。

2015

ル・モック・ウエストンの誕生

ジェイエムウエストンを象徴するモカシン180にインスピレーションを得て誕生したル・モック・ウエストンは、素材を楽しむ一足。グレインレザーやカシミヤのような滑らかなスエードを用いた、全く新しい7色が発表されました。アトリエでの2年以上に及ぶ研究を経て、ル・モック・ウエストンは基本へと回帰しました。内部の補強材をはずし、しなやかさと補強力を重視して選ばれたレザーが丁寧に組み立てられています。

2016

イヴ・クラインへのオマージュ

ル・モックの発売一周年を記念して、フランスの画家イヴ・クラインにオマージュを捧げる特別なモデルを発表。インターナショナル・クライン・ブルーに染まったル・モックのリミテッドエディションは世界で9箇所、1500足限定 で発売されました。

2017

オマール・シー主演による現代のおとぎ話

オクシモ・プッチーノ監督、オマール・シー&アレクシア・ジョルダーノ出演、そしてル・モックが重要な鍵となる現代のおとぎ話「眠れる美男」が公開されました。

2018

オリヴィエ・サイヤールがアーティスティック・ディレクターに就任

2018年1月より、オリヴィエ・サイヤールがジェイエムウエストンのアーティスティック・イメージ&カルチャーディレクターに就任しました。メンズコレクション、ウィメンズコレクション、そしてアクセサリーだけでなく、メゾン全体のイメージも担当します。

ICONS

アイコンズ

「1966年には誰もがウエストンの<モックス>を履いてた。 ドラックストアにたむろする反抗的な若者たちが始めた大流行があるとしたら、これだ。」 ーフランソワ・アルマネ「好きと言えるまでの恋愛猶予 —ローファーのこと」
ハントダービーシューズなどに使われるノルヴェジアンスティッチやゴルフのエプロンに使用されるファインスティッチシームなど、ジェイエムウエストンは今日まで伝統的なノウハウを絶えさせることなく継承しています。狩猟、ゴルフ、乗馬用など屋外のスポーツを想定して生まれたいくつかのモデルも、現代の生活に完全に溶け込み、時がたっても廃れない永遠のクラッシックを生みました。
いくつかの伝説とともにブランドのアイコンとなったモデルがいくつか存在します。例えばゴルフダービーシューズは、伝説的なゴルファー兄弟であるオーブリーとパーシー・ブーマーにインスピレーションを得たものです。彼らは常にジェイエムウエストンの靴でプレーをしていました。そしてジェイエムウエストンの歴史に欠かすことができないローファーは、世代を超えてに受け入れられる文化的モデル。「ドラッグストアギャング」世代の象徴であるローファーは、フランスの財産としてその歴史に深く刻まれています。

 

French Style

フレンチスタイル

「私がスタイルと呼ぶのは、狙いを定め、素早く鋭く撃つ、そのやり方である」 ーJEAN COCTEAU 

名前は英国のような響きをもっていますが、ジェイエムウエストンが描き出すのはフレンチ・エレガンスです。パリジャンのスタイルは、対照的な要素から生まれるバランスがすべて。偉大なクラシックには貴族の退廃的なロックを、上品な素材には野性的なエッセンスを、スエードにはボックスカーフ、カシミアにはデニム、パーフォレーションで飾り立てたウイングチップにはローファー・・。コードを読み解いたら、正確かつ軽やかに足取りをくらます、これがフレンチエレガンスの世界なのです。相対するもの、斬新な組み合わせ、異なる時代を巧みに操ること。厳格さと理想、現実と大胆さを混ぜ合わせ、クラシックスタイルに新たなエスプリと魅力を吹き込むこと。これこそが、アイコンシューズであるローファーが映し出すメゾンの手法なのです。

 

Timeless Piece

タイムレスなスタイル

時代を超えるタイムレスピース ー Artist Invitation

アイコンモデルは時代を超えて進化してきました。ジェイエムウエストンは定期的に国内外で活躍するアーティストを招待し、メゾンの伝統的なスタイルに独自の解釈を加え進化させていくユニークなコレクションを創り出しています。このインヴィテーションプログラムでは日常履くシューズに限らず、文化的プロジェクトや分類できない作品を具現化しています。アーティストへのオーダーはただひとつ。ジェイエムウエストンの<エスプリ>を表現すること。時代を超えて刻まれるメゾンのエレガンスはここから始まるのです。